育児うつを治療するコツ【新たな歩みを求めるのも大切】

心の病と文明の発達

看護師

子育てで満たされない

文明が発達しているに関わらず、従来よりも、育児うつにかかる人が割合として増えています。文明の発達は、従来よりも物事が容易に達成できる中で発展をしてきました。子育ては、意外な内容も多く、意外な内容における対応の仕方に戸惑い、ストレスを抱えやすくあります。意外な内容に対応する力が弱まっている現代人は、何かと子供といると、疲れを異常に感じやすく、育児うつにかかる人も増えています。ストレスは、神経を過敏に働かして、神経症を引き起こしてしまう場合もあります。過敏に働き過ぎる神経は、疲労もしやすく、抑うつ状態をも引き起こしやすくあるでしょう。この様な状態に陥れば、子供に上手く対応できなくなり、子育てに自信を失いかねません。更らに、悪化をすれば、負の連鎖が続き、育児放棄など子供にとっても親にとっても避けたい事態が起こるかもしれません。育児うつの多くは、ストレスが引き金になっている可能性も高く、ストレスを緩和させる方法を探す必要性があります。ストレス状態は、内面に意識が高まりやすく、視野が狭くなりやすいため、客観的な視点に立って物事を判断する必要性があります。ですから、医師など周りの人に頼って解決策を見出すことも必要になるのです。育児うつにかかる人の多くは、女性です。女性は、普段から化粧を行う中、自らを着飾り意識されたい気持ちを男性以上に強く持ち合わせやすい傾向にあります。専業主婦として育児をしている場合、意識されにくい環境に孤独を強く感じやすくもあるでしょう。子育てをしている中でも、人間関係を求めるのも大切です。昔の人は、赤ちゃんを背負う中で、様々な場所に足を運んでいました。そこで、子育てに良いヒントを得ていた場合もあるのです。女性の化粧する気持ちは、ついつい周りの人達と自分を比べてしまう気持ちも現れやすくあります。子育てにおいても、子供を他の子供と比べてしまい、評価を得る気持ちもあるでしょう。この様な考えは、評価を得られない場合、育児うつにかかる可能性も高く、あまり望ましい内容ではありません。文系的な価値の中には、他人とは違った価値に評価を置く場合もあります。一つの評価に縛られるのでは無く、様々な経験をさせる立場に立てば、育児うつが緩和されるだけでは無く、子育てに楽しい気持ちが芽生えやすくもなるでしょう。医療機関に足を運び、健全な心身を取り戻し、新たな歩みを求めるのも大切です。

親子

お子さんのことも考えよう

育児うつというのは、親ならば誰もが発症する可能性があります。治療するにも、家庭との両立ができる方法が人気取りしていて、ただただ話をする治療が評価されています。治療に取り組むにも1人ではない、こうした内容がポイントになりそうです。

悩む成人女性

精神状態を整える治療

旦那さんに相談できないまま育児うつの症状を放置していると、精神状態が悪化して子供を愛せなくなる可能性もあります。保健所などに相談をしてから、心療内科や精神科で育児うつの治療を始めるべきか考えてみてください。

親子

気力や思考力の低下する

子育て中の女性は、昼間はお子様に怪我をさせないように注意をしていたり、睡眠不足になりがちなので、精神的、肉体的な疲労を感じやすいです。過度なストレスが溜まっていたり、母親に頼れない環境の場合は、育児うつに罹ることもあります。

医者

男性もうつに悩んでいる

育児ノイローゼとは違って、うつの症状は深刻化してしまいます。早めに専門クリニックを受診したいのが育児うつですが、女性のみならず男性も悩んでいる心の病ですから、相談できる専門医、場所などを見つけることも大切です。

親子

授乳期間中も治療はできる

旦那さんに相談できない事が原因で、育児うつの症状が悪化してしまったり、自分がノイローゼになっている事に気付けない可能性もあります。保健センターなどに相談をするだけでなく、夫婦間のコミュニケーションを増やしながら治療を行ってください。

Copyright© 2019 育児うつを治療するコツ【新たな歩みを求めるのも大切】 All Rights Reserved.