育児うつを治療するコツ【新たな歩みを求めるのも大切】

気力や思考力の低下する

親子

十分な休息や睡眠が必要

子育て中の女性は、起きている間は子供に怪我をさせないように、注意をして観察をしている人が多いため、精神的や肉体的な疲労を感じやすいです。赤ちゃんの場合は昼夜が逆転して、夜泣きをすることも多いため、睡眠不足気味になっている人が少なくありません。育児うつは、赤ちゃんの世話をしている人だけでなく、1歳から4歳ぐらいの幼児の世話をしている人にも見られます。育児うつの症状は、集中力や思考力が低下してしまうので、家事が段取りよく出来なくなったり、お子様が泣いていても気付かなかったりする時もあります。配偶者などの周囲の家族は、一時的な物だと軽視している人が多いですが、育児うつの症状が悪化すると、人に合うのを避けるようになり、部屋に閉じこもるようになることもあります。過度にストレスが溜まってしまうと、子供の虐待に繋がることもあります。気になる症状が長く続く場合は、精神神経科の病院や、心療内科のクリニックを受診させて、カウンセリングや診察を受けさせることが大事です。育児うつは責任感が強く、完璧主義な人が罹りやすい傾向があります。実家と離れており、子育てを手伝ってもらえなかったり、配偶者が育児に協力的でなかったりする場合は、発症をしやすくなります。気力や意欲が低下したり、睡眠障害が見られたり、過食や拒食などの摂食障害などの症状が見られることも多いです。早めに精神神経科の病院やクリニックを受診することも大事ですが、両親や姉妹に手伝ってもらえない場合は、ベビーシッターや助産師などの協力を得ることも大事です。育児うつに罹ると、ネガティブ志向になりがちですが、カウンセリングなどの精神療法や認知行動療法などの治療を受けることで、間違った考え方を改善することが出来ます。育児うつは放置をしておくと、症状が悪化したり、病気が長引いたりすることがあるため、病識がある場合は早めに受診をすることが大事です。一時的に抗うつ剤や、抗不安薬などを処方してもらうことで、辛い症状が改善することが多いです。育児うつは十分な休息や睡眠が必要なので、子育てが辛い時は託児所や保育園に預かってもらうことも大事です。

Copyright© 2019 育児うつを治療するコツ【新たな歩みを求めるのも大切】 All Rights Reserved.